Promoting Art Today, Bridging Cultures of Tomorrow…

November 2021

Abe Rábade Trío

has been a stable group since the year they appeared in Boston (USA) in 1996. The band won the 2nd prize at the Getxo International Jazz Groups Competition in 2000. “Babel de Sons” is the first album of the group and includes the award-winning live show This award. The second album was entitled “Symmetries” and was presented at the Festival de Jazz Plaza de La Habana (Cuba) in 2002. The trio’s next record production, “Playing on Light ”, was considered by the magazine Cuaderno de Jazz as the Best Jazz Album in Spain 2006. Zigurat (2010), Abe Rábade’s seventh album as leader and the fourth in trio format, received the award for Best Jazz Album in Spain, awarded by the UFI (Unión Fonográfica Independent) as a result of a popular vote. It was followed by «A Modo», which also obtained this award and several more.

Abe Rábade Trío は1996年にアメリカのボストンに出現したバンドグループ。2000年のゲチョ国際ジャズグループコンクールで2位を獲得。「Babel de Sons」はグループのファーストアルバムであり、 賞を獲得したライブショーも収録されている。 セカンドアルバムは「Symmetries」と題され、2002年キューバでの Festival de Jazz Plaza de La Habanaで発表する。トリオの次のレコード作品「Playingon Light」は、雑誌 Cuaderno de Jazz によってベストジャズと見なされる。人気投票の結果、UFI(Unión Fonográfica Independent)から授与された、Abe Rábade のリーダーとしての7番目のアルバムと4番目のアルバムであるZigurat(2010)がスペインのベストジャズアルバム賞を受賞する。 続いて«A Modo»がこの賞を受賞。

About Author

jknpassist

related articles

(0) Readers s

s are closed.